相続税申告を税理士に依頼しないで自分ですることは可能なのか?

相続税申告は財産の内容や特例の利用状況などで書類の作成などの難易度が大きく違ってくるので、税理士に依頼せずに自分で行うことも可能です。
そこで、どのようなケースなら自分でもできるのか、どのようなケースなら税理士に依頼した方が良いのかを知っておくと参考になります。

自分で相続税申告ができる難易度が低いケースは、どのような内容になるのかというと、そのひとつが遺産の中に土地がない場合です。
実は、相続税の申告書を作成するに当たって難易度が比較的高いのが土地の相続税評価で、その理由は土地は様々な形状・要因が評価に反映するからで、専門的な知識や経験が必要になるためです。
その為、遺産の中に土地がないのなら相続税の申告書作成の難易度は下がるので、自分で申告書を作れる可能性があります。

もうひとつは遺産総額が5,000万円以下になるような場合で、遺産総額が多いと相続税額も大きくなって、間違えた時のペナルティや特例適用忘れなど様々なリスクも大きくなるのです。
ただ遺産総額が5,000万円以下なら相続税額も大きくならないので、自分で申告をして間違えたとしてもペナルティや追徴税額が少なくなります。

一方税理士に依頼した方が良いケースのひとつは、遺産の中に土地などの不動産が複数ある場合や不動産評価額が高い場合です。
先に触れた内容の逆になるケースで、遺産の中に不動産が複数あったり不動産評価額が高額になったりする場合は、やはり専門家となる税理士でなければ難しくなります。
また、それと共に不動産の相続税評価額が高くなる場合には、少しのミスなどにより相続税を払い過ぎてしまうリスクも考えられるのです。

もうひとつは遺産総額が1億円以上あるような場合で、こうなると相続税も百万円・千万円単位になるので、ミスをしてしまうとペナルティ額や追徴税額も大きくなってしまいます。
そうしたリスクを回避するためにも税理士に依頼した方が良いと言えるのです。
ちなみに、自分で相続税申告ができる人の割合は、申告する人の全体の約1割程度と言われています。